大阪風俗におけるホテヘル

大阪という街は、いまだに不思議な街やと思ってしまう。

なんというか、過去と未来が同居しているような街。

人間も、大阪の人間は、なにかっていうと・・・「濃い」

醤油は東京の方が濃くて、辛かったりするけれども、醤油の薄い大阪はそれに反して、人間が濃い。

濃いっていうか、なんというか人付き合いでも親密になりたがるというか、相手のフィールドにづけづけ入ってくるというか、そんな感じかな。

だから、学生時代は東京人のスマートさというかそういうのに憧れつつも、「あいつらはイケずや」とか思っていた。

社会人になって、日本を問わず、いろんな場所に行くようになって思うのは、大阪は特別な街だっていうこと。

やっぱ、大阪人って変わっているし、何とも言えない魅力があるってことだね。

端的に表れているのが、やはり風俗。

店員も店長も、そして風俗嬢も、なかなか大阪の風俗は面白い

まず、ホテヘルがいまだにこれだけ発展している街も日本では珍しいからね。

ホテヘルの場合、わざわざ受付まで行って、女の子とホテルやレンタルルームなんかに出かけるっていうシステム。

要するに店舗型のソープやヘルスとほとんど変わらない。

ただ、場所がホテルになるだけ。

だったら、受付は省けば・・・というのが全国的な流れだけど・・・ここ大阪では違うんだな。